神田昌典が教える!人を動かす3つのマーケティング原則とは?

神田昌典が教える!人を動かす3つのマーケティング原則とは?

人を動かすマーケティングノウハウが満載

 こんにちは。大関です。早速ですが、質問です。

 あなたはマーケティングとは何か答えられますか?

 簡単に説明すると、「商品やサービスを必要としている人たちに対して売れる仕組みを作ること」です。

 今回、僕は神田昌典さんの著書『不変のマーケティング』を読みました。

 モノが売れない今の時代、商品やサービスを必要としている人に、必要な形で届けるためには、「誰に向けて、いつの時期に、どんな商品・サービスを、どの様な形で提供するか?」というマーケティング技術を学ぶことが重要だと考えたからです。

 この書籍では、ネット全盛前ーーコンピュータよりも人間と向かい合う時間が圧倒的に長かったアナログ時代ーーに、実践・開発されたマーケティング・ノウハウが取り上げられています。

 アナログ時代からデジタル時代へと移り変わっても、ビジネスが「人と人との営みである」ことは不変です。

 その意味で、マーケティング・ノウハウを扱っている書籍ではありますが、日頃の生活やコミュニケーションにも活かせる内容が詰まっています。

 この記事では、本書のマーケティング・ノウハウから、日常の生活に活かせそうなものをピックアップしてご紹介します。

記憶喪失になっても思い出したい
マーケティングの7原則

 特に重要だと思ったのは、第1章で語られている「記憶喪失になっても思い出したいマーケティングの7原則」です。

  1. 緊急性
  2. 限定
  3. ファックス
  4. 指を動かせる
  5. 思い切った保証
  6. 明確な指示
  7. お客様の声

 これら7つの原則のなかで、「緊急性」「限定」「明確な指示」は普段のコミュニケーションにも応用できると思いました。

緊急性

 「緊急性」は、「緊急案内、◯◯で◯◯の方!」という表現で書き始めるテクニックです。

 これは人を動かす魔法の言葉で、「現存する、もっとも簡単、かつ強力な集客方法」と神田さんは言います。

 緊急という言葉を使うと「いったい何が緊急なのか、誰にとって緊急なのか、なぜ緊急なのか」というマーケティング上、きわめて重要な作業を考慮しなければならなくなります。

 これによって顧客対象を絞り込んだり、何を案内すれば読み手にとってメリットになるかを考えるべく、自分を追い込むことができます。

 LINEやFacebookで友達に何かをお願いしたいとき、「緊急性」を出すとより多くの反応を得られることができるでしょう。

限定

 限定には「数量限定」と「期間限定」がありますが、その効果はみなさん自身が一番体感していることと思います。

 「期間限定」と書かれたフレーバーのお菓子や、「先着◯◯名様限定」とされた商品は、どうしても気になったり、つい手に取ったりしてしまいますよね。

 期間限定の場合、「その期間を超えると、反応が減る」というリスクもあるので、期限が短い場合に使うのが有効だといいます。

 人の関心が21日周期で働くことを考えると、締切は1ヵ月では長すぎる。「まだ1ヵ月あるから」と、行動が先延ばしになる。そこで、限定期間は長くても3週間程度になる。

 数量限定は、ある意味売り手側のさじ加減でいくらでも操作できてしまうので、いかに真実味を演出するかが重要です。

 お客さんは簡単にウソを見破るので、あくまで真実があった場合に、それを伝えることで効果が上がるんですね。

明確な指示

 テレビ番組で「感想はTwitterでハッシュタグをつけて呟いてね」といったテロップや、「公式LINEアカウントを友達追加してプレゼントをもらおう! 登録はこちら」といったメッセージを目にしたことがあるでしょう。これらは「明確な指示」を使ったテクニックです。

 ほとんどの人間は脳を使わず、毎日決まったルーティンを繰り返しているため、指示されることを待っていると神田さんは言います。そのため明確な指示をしたとたん、自分の思うとおりに動かすことができるのです。

 たとえば「電話を1本かける」という行動を取るのにも、「今すぐ電話を」というコピーがないと動けない人が多いそうです。顧客に行動を起こしてもらいたいなら、明確な「アクション」を呼びかける言葉を入れることが重要なんですね。

 こうしてみると、普段の生活にも、何気なくマーケティング手法が仕組まれていることがわかって興味深いです。




実績は「今、この瞬間に」作れる

 こんな考え方もあったのかと驚かされたのが、「第2章 神田のマーケティング必殺技 実績を伝える」にある次の文章。

 自分に実績がない…これは大問題のように思える。ところが、実績がないという問題ほど、簡単に解決できるものはない。それは、一瞬で解決できる。

 この文章で目を釘付けにされました。

 実績がなければ、実績を作るために時間をかけて努力する必要がある。そのためには人と違うことをしなければいけないと思っていたし、そうするのが当然だと思っていました。ましてや「一瞬で解決できる」問題だなんて、考えたこともありませんでした。

 しかし神田さんは、「実績はあるものではない。実績というのは、今この瞬間に、自分で作るものなのである」と言います。

 人間は、自分で思った人間に、思った瞬間、なれる。自分が自分をどのように思うかが問題なのである。自分が自分自身に持つイメージを変えたとたん、周りのみんなは、あなたをそのように見ることになる。そして自分は、 そのイメージに自動的に近づくようになる。

 なぜ、新しいセルフイメージを持つことが重要なのかというと、どんなに優れた将来の計画を持ったとしても、「自分の実績や能力では、とても達成できない」という思い込みをなくさない限り、必要なアイデアや実行力が湧いてこないからです。

 神田さん自身、サラリーマンをやめて独立したときは、とても人からお金をいただけるような実績はなかったと言います。取引先での導入事例が2社ばかりあった程度で、その2社からも結果が出ているとは言えなかったのだそうです。

 しかしクライアントからは喜ばれていたため、その事実自体が、実績を広げる核となったのです。

 「現実には、自分が必要なものは、今、すべて持っている」と信じることが重要です。騙されたと思って少しずつでも、試していこうと思いました。

執筆者プロフィール

大関槙一
1986年生まれ。読書、ホラー、神社仏閣巡り、猫、謎解きをこよなく愛す30歳男性会社員。

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。第二期メンバー募集中!



書籍リストをもっと見る

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

関連記事

週間ランキング

殿堂入り記事