「さっさと行動しろ!!」キンコン西野『革命のファンファーレ』を読んで感じたこと

「さっさと行動しろ!!」キンコン西野『革命のファンファーレ』を読んで感じたこと


 「大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します。」

 キングコング西野さんが自身の絵本をWeb上で無料公開した話題をみて、驚いたのは僕だけではなかったと思います。常識はずれにみえてしまう西野さんの行動の数々は、どのような発想から生まれているのでしょうか。

 少なくとも西野さんは、「自分自身が叶えたいもの。やりたいこと。」に対して全力で行動しているように見えます。考えてばかりで行動が足りない僕にとって、西野さんのようなトップランナーの方から学ぶことは大いにありました。

 今回は、西野さんの著書『革命のファンファーレ』から、「行動を起こす前に考えるべきこと」と「行動に踏み切る際の西野さんの考え方」について切り取って紹介します!

常識のアップデートをやめてはならない

 西野さんは、「ひとりで作る」が常識だった絵本を「分業制」で制作し、さらに作った絵本を無料公開しました。そのやり方を批判する人もたくさんいましたが、こうした常識はずれの行動の裏には、変化しないことへの危機感があるようです。

 それは、以下のような言葉からもわかります。

 僕らは自分自身の手や足を使い、僕らの身の回りに起こっている変化を、学び、実践し、思い知り、対応していかなければならない。この変化から目を背けた人間から脱落していく。

 インターネットが登場し、昔ではありえなかったようなサービスが続々と登場している今、私たちの生活も急速に変わりつつあります。

 たとえば、以前まで大学生が友人と連絡する手段はメールや電話が主な手段でしたが、今では、LINEしか使わないので、友人の電話番号やメールアドレスすら知らない状態になっています。

 消費者の生活が劇的に変わっているのに、これまでと同じような売り方をしていたらうまくいくはずがないですよね。

 こうした変化を敏感に感じ取り、これまでにない新しいやり方を試しながら、常識をアップデートしていくことが求められているのです。

 では、そのためには何が必要なのでしょうか。

モノを使う前に、概念の本質を考えろ

 西野さんが重視しているのは、「何かを行ったり活用したりする前に、徹底的にものごとの本質を考える姿勢」だと感じました。

 たとえば『えんとつの町プペル』の制作にあたって、必要なお金をクラウドファンディングで集めることにした西野さんですが、サービスを使う前に「お金とは何か?」「クラウドファンディングとは何か?」について徹底的に考えています。

 この問いについて考える理由は、

  • お金の正体を知らないのに、正体がわからないものを集めることができるわけがない。
  • クラウドファンドの特性を知らずに、手段を使いこなせない。

 という考えがあるからです。そうしてたどり着いたのが、次の本質です。

 お金は信用を数値化したものであり、クラウドファンディングは信用をお金化する為の装置だ。



行動することに勇気はいらない

 行動する際に必要な考え方はわかりました。でも、「そりゃ、変化し続けないといけないことはわかるけど、簡単には踏み出せないよ…」というのがリアルな状況でしょう。

 及び腰な僕のような読者の姿勢を察してか、西野さんは次のように述べています。

 行動することに、勇気は必要ない。

 (中略)

 説明できてしまう事柄に「勇気」は必要ない。一歩踏み出すことに勇気が必要だと思っているのであれば、尚のこと、そんな不確かなものを取っ払ってやる為にも、とっとと情報を仕入れた方がいい。

 思えば、「もっと文章力をあげたい!」と悩んでいた時に、この美女読書で書評を書き始めるのには、勇気はいりませんでした。「応募方法を調べ、とにかくやる」それだけです。

 おそらく、始める前に悩んでしまうのは、やり方や行動した先が曖昧だから。それさえ分かってしまえば、行動することは難しくはないということに気づきました。

「さっさと行動しろ!!」

 この本を読んでいると、西野さんに「さっさと行動しろ!!」と言われ続けている気がします。

 僕自身、「文章力をつけたい」「自分でプロダクトを作りたい」と思っていても、自分に甘えてしまって、行動をサボっている節があるなと感じました。自分の人生において、「やりたいこと、貫きたいもの」を守るために継続的な努力をし続けます。

 まずは、止まりがちになっていた書評アウトプットの習慣化から。

 最後に、西野さんから僕らに向けられた、熱いメッセージで締めくくりましょう。

 目の前で起こる変化に、即座に対応しなければならない。
 他人に決定を委ねると出遅れる。
 環境に決定を委ねると癖になる。
 守るべきものが守れなくなる。
 この時代を生きたいのなら、
 自分の人生を生きたいのなら、
 決定権を持て。
 今、この瞬間にだ。
 (中略)
 キミはまもなくこの本を読み終える。
 さあ、何をする?
 キミの革命のファンファーレを鳴らすのは、キミしかいない。

 西野さんが鳴らす、「革命のファンファーレ」に驚くだけで終わってしまったら意味がありません。自分の人生を輝かせるのは、自分しかないですからね。

執筆者プロフィール

小野寺雄大
「美女読書 編集室」第1期メンバー
テックメディアでインターン中/22/

LINEで更新情報を受け取る

友だち追加

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。メンバー募集中!

書籍リストをもっと見る

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

関連記事