文章力は身につければ一生もののスキル!「文章の書き方」基本3ポイントを紹介

文章力は身につければ一生もののスキル!「文章の書き方」基本3ポイントを紹介


 今回ご紹介する『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』の著者によると、「文章力は自転車に乗るのと同じ」で、一度身につくと低下することはなく一生もののスキルになるといいます。

 これを身につけないなんてもったいない…! しかし「文章の書き方」は、教えてもらう機会がとても少ないスキルの一つです。小学校で習うのは作文用紙の使い方のみで、あとは「さぁ、書けー!!」という感じ。今思えば、なかなか乱暴な指導ですよね。

 本書では、この一生もののスキルが

  1. ビジネスメール
  2. 報告書などのビジネス文書
  3. エントリーシート
  4. ブログを書く上でのポイント

 に分けて簡潔にまとめられており、文章の書き方をあらためて学ぶのに最適な1冊となっています。

 しかもマンガ付きのストーリー形式になっているので、読むことが苦手という人もサクサク読めます。内容は、WEB制作会社に勤める「文章を書くのが大の苦手」なモモが、同僚の佐々木さんとのやり取りの中で、文章を書くための基本やコツを学んでいくというもの。

 この記事では、本書から学んだ3つのポイントをご紹介します。

①読み手を意識せよ!

 どの章でも登場するのが「読み手」の存在です。「誰が」「いつ読んで」「どんなリアクションを取るのか」までを考える必要があり、「自分にとっての『あたり前』は読む人にとって『あたり前』とは限らない」と認識することの重要性が語られています。

 たとえば「再来週の金曜日に業績報告を兼ねた社内懇親会を予定しています」という一文を見て、あなたはどのように感じますか? めんどくさそうなイベントにしか見えませんよね(笑)

 まず「再来週の金曜日」って具体的にいつ? となりますし、読み手の立場に立つと情報がわかりにくく、ワクワクする情報もないから参加する気が起きません。

 私自身、ブログでは自分が書きたいことを漠然とたれ流しているだけだったことに気づきました。「どんな世代、性別、職業の人に読んでもらいたいか」というターゲティングの視点がなく、読み手に何を感じ取ってほしいかもあやふや……人のふり見て我がふり直します。

②気弱な表現は避けよ!

 ついつい使いがちな「~と思います」や「~気がします」という文末表現。「クセ」で使ってしまう人が多いと思いますが、エントリーシートやビジネス文書では相手に気弱な印象を与えてしまうため、できるだけ使用を避けるべきです。バシっと言い切る文を増やすだけで、文章の勢いが変わってきます。

 文章の書き方を意識するのはもちろんですが、発言でも意識するべきだと感じました。



③タイトルが本文を活かす!

 ビジネスメールのタイトルを「おつかれさまです」のみで送ってしまうこと、多くありませんか? しかし一日何十、何百通のメールをさばく人が相手だと、こんなタイトルでは開くことを後回しにされる可能性が大です。タイトルはシンプルで、内容が一発でわかるようなものにしましょう。

 これはブログのタイトルについても同様です。たとえば「ダイエットの方法」ではどんなダイエット方法かわからず、アクセスは期待できません。一方、「わずか3ヶ月でマイナス3キロ痩せる方法」だとついついクリックしたくなりますよね。これも結局は「読み手」を意識したひと工夫

 ちなみに私は、ブログ記事のタイトルやメールの件名は文章を全部書き上げてから書くようにしています。そうすることで内容とのズレが発生しにくく、内容をシンプルにまとめることができます。

まとめ

 ほかにも「ひとつの文章にはひとつの意味を」「具体的に書くとダンゼン伝わりやすくなる」「読者が知りたいことを過不足なく書く技術」など、文章を書く上でのポイントが初歩の初歩から紹介されています。

 仕事でもプライベートでも、文章力を高めたい!という方は手に取ってみてはいかがでしょうか?

執筆者プロフィール

森ゆきな
札幌でライフアシストパートナー/メンタルコーチとして活動しています。対面でのコーチングセッションはもちろん、電話、Skype、その他オンラインでも

【HP】
https://peraichi.com/landing_pages/view/mori-yukina7

【レターポット】
https://letterpot.otogimachi.jp/users/39986


LINEで更新情報を受け取る

友だち追加

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。メンバー募集中!

書籍リストをもっと見る

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

関連記事

/**************************************************************** * ptenginのコード ****************************************************************/