成績優秀な生徒の親は実践してる?励ましの技術「PEP TALK」4つのステップ

成績優秀な生徒の親は実践してる?励ましの技術「PEP TALK」4つのステップ


 企業が求める人材像で、かならず上位に挙がるのが「コミュニケーション能力が高い人」です。しかし、「コミュニケーションの取り方」について家庭や学校などできちんと習ったことがある人はいるでしょうか?

 今回ご紹介する「PEP TALK(ペップトーク)」とは、スポーツの試合前のロッカールームで、監督やコーチがわずか1分ほどの時間で選手の心に火をつけるコミュニケーションのこと。簡単にいうと、相手を「励ます技術」のことです。

 「技術」ですから、練習すれば誰でも身につけることができます。これまで「コミュニケーションの取り方」について教わった経験がない方は、ぜひ「ペップトーク」を学んでみてください。

やる気スイッチはどこにあるのか?

 相手のやる気を湧き上がらせるためのポイントは、「自分には価値がある」と感じてもらうことです。そして自分に価値を感じる時というのは、大きく2つ、

  • 承認欲求が満たされた時
  • 貢献欲求が満たされた時

 だと言われています。どうすれば、これら2つの欲求を満たすことができるのでしょうか?

 相手のやる気を引き起こすためには、「存在のステージ」「行動のステージ」「結果のステージ」という3つの段階に分けて考えることが重要だと言います。

①存在のステージ

 「”何かをしたから” 認める」のではなく、シンプルに存在そのものを承認することが重要です。

②行動のステージ

 次に大事なのは、相手が頑張っていることに気がつくこと。そして行動を起こすことによってどんないい影響があるかを伝えることです。

③結果のステージ

 最後に結果を認め、結果を出したことで周りにどんないい影響が起きているかを伝えます。

 もちろん上っ面の言葉ではなく、全て「本気で」よくなって欲しいと心の底から願っていることが大前提です。

 わたしは7年間学習塾で働いています。ひとりひとりの成長を願い、行動のステージでいう「宿題をやったこと」や「自習をすること」、結果のステージでいう「小テストで満点を取ったこと」や「目標点をクリアしたこと」については、かなり意識的に励ましてきました。

 しかし本書を読んで、存在のステージを軽視してきたかもしれないと感じました。そしてそのせいで信頼関係がきちんと築けていなかったのでは…と反省しました。

「ペップトーク」4つのステップ

 効果的な励まし方には、共通のパターンがあるといいます。それは「受容・承認・行動・激励」の4つのステップを踏むというものです。

①受容(事実の受け入れ)

 まずは相手の感情や、状況をそのまま受け入れて共感します。

②承認(とらえかた変換)

 次に、ネガティブな状況を「だからこそ〇〇」「とはいえ〇〇」のように捉え、発想の転換をします。

③行動(してほしい変換)

 続いて、いきなり「結果」を求めるのではなく、本人がコントロール可能な「行動」について、ポジティブな表現で「してほしい行動」を伝えます。

④激励(背中のひと押し)

 最後に、心に火をつける言葉を投げかけます。

 これまで塾講師として、のべ300人以上の保護者の方と接してきて気づいたのは、成績が伸び悩む生徒の保護者は、子どもに対してネガティブワードを使う方が多いということです。

 たとえば「いつも宿題しないね」「ミスしないようにしなさい」と声をかけるのです。子どもはこのような言葉を聞くと「宿題をしない自分」「ミスをしている自分」を無意識にイメージするようになり、現実にそうなってしまいます。

 一方、成績が優秀な生徒の保護者は、自然と上記の4ステップを使いこなしています。たとえば、「今回はテストの勉強があまりできなかったみたいだね。不安や心配はたくさんあるね。とはいえ、いつもコツコツ学校の授業を受けていたじゃない! だから、自信を持ってテストに臨んで欲しいと思っているよ。大丈夫、あなたならできるよ」といった感じです。

まとめ

 これまでの励まし方やコミュニケーションの取り方を変えることに、抵抗感を抱く人もいるかもしれません。しかしほんの少しだけ自分を変える勇気を持てば、相手はやる気を出し、想像以上の結果が生まれる可能性があるのです。これって、わくわくしませんか?

 練習次第で誰でも身につけることができる励ましの技術「ペップトーク」。「人を元気づけたい」「やる気にさせたい」と考えている方は、ぜひ読んでみてください。

執筆者プロフィール

森ゆきな
札幌でライフアシストパートナー/メンタルコーチとして活動しています。対面でのコーチングセッションはもちろん、電話、Skype、その他オンラインでも

【HP】
https://peraichi.com/landing_pages/view/mori-yukina7

【レターポット】
https://letterpot.otogimachi.jp/users/39986


LINEで更新情報を受け取る

友だち追加

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。メンバー募集中!

書籍リストをもっと見る

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

関連記事

/**************************************************************** * ptenginのコード ****************************************************************/