岩瀬大輔、佐渡島庸平、為末大ら新世代のトップランナーが語る!楽しい仕事の作り方!

岩瀬大輔、佐渡島庸平、為末大ら新世代のトップランナーが語る!楽しい仕事の作り方!

美女読書をフォローする 

どうすれば仕事を楽しくできるんだろう?

DSC_0305
 「仕事はツラくてつまらないもの」と考える人もいれば、「仕事が面白くて仕方ない」と喜々として語る人もいます。

 両者の差はどこにあるのでしょうか。どうすれば仕事を面白くできるのでしょうか。

 「お金がもらえれば面白さなんて求めない」という方もいるかもしれませんが、「定年70歳」が予定される日本で、面白くもない仕事を死ぬまで続けるのは相当な苦痛です。

 人生の大半を占める仕事の時間を充実させるためにも、「これからの日本を担うと期待される新世代のトップランナー」から、仕事を面白くする方法を学びましょう。

 執筆陣は、安藤美冬、岩瀬大輔、刈内一博、額田純嗣、廣優樹、佐渡島庸平、柿内芳文、為末大(敬称略)ら8名。今回は、その中から3名の言葉を紹介します。

今回のポイント!

  1. ゴールを急がず、瞬間、瞬間に満足する
  2. “常識”を変えるために仕組みを変える
  3. 手が届きそうな目標に基準を落としてみる

1. ゴールを急がず、瞬間、瞬間に満足する

DSC_0197_2
 ネット生保会社である「ライフネット生命」を立ち上げた岩瀬さん。20代は「とにかく早く目的地に着きたい」とばかり考え、猛スピードで目標を達成しては、また次の目標を立てて突き進んで行く、というサイクルを繰り返していたようです。

 しかし、そうした姿勢は、ともすると自分が「常に(目標に向かっている途中の)不完全な存在」に感じてしまうという問題点もあったとか。

 常に自分が、どこか不完全な存在のように感じてしまうんですね。目的地が100だとすると、自分はそれに向かっている50、60、70の存在。けれども、いざゴールに着いても、また次の目標ができるからどこかが不足しているわけです。

 この感覚は、向上心の強い人ほど共感できるのではないでしょうか。いつも先を急いでいて、つい過程を楽しむことを忘れてしまう。目標達成の快感は刹那的で、すぐまた「不完全な自分」の感覚に戻ってしまう。

 目標を立てることはもちろん重要ですが、目標に向かう過程の自分は「不完全」と捉えるのではなく、その瞬間、瞬間に満足しながら仕事に取り組めるようになりましょう。

 私にとっては、早く着くことが目的ではなく、旅そのものが目的になったということです。(中略)その瞬間、瞬間を大切にして、満足感を得ながら過ごそうと考えられるようになったんですね。

2.”常識”を変えるために仕組みを変える

DSC_0289_4

 2人目は、講談社のモーニング編集部で『バガボンド』『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』など多くのヒット作を担当した佐渡島庸平さん。現在は作家エージェント会社「コルク」を立ち上げ、代表取締役を務めていらっしゃいます。

 「僕がどんな人間かというと、数学の問題を解いて答えが合わないと答えが間違っているんじゃないかと思う人間です」と語る佐渡島さんは、「自分らしい違和感と信念を持て」と言います。

 普通だと自分の考えと世間の結果が違えば仕方ないと思いますよね。でも、僕は「いやいや、そっちがおかしいでしょ」と、反対側にある仕組みを変えられないかといつも考えているのす。

例えば、自分が面白いと思ったマンガのアンケート結果があまりよくなかった場合、佐渡島さんは「そもそもこのアンケートシステムがおかしいんじゃないか」と疑います。

 ハガキのアンケートだけじゃなく、ケータイからもアンケートに答えられるシステムを構築すべきだと考え、会社に掛け合って自ら導入までの作業を行った結果、媒体によって回答者の年齢層が大きく異なることが分かりました。

 これによって、より現実に即した評価を得られるようになっただけでなく、会社の仕組みにも変化を与えたと言います。

 これを機に、講談社ではほかの雑誌でもケータイでのアンケートシステムを導入することになりました。(中略)仕組みを変えると、世間の常識も変化するのです。

 既存の枠組みの中で結果を出せる力はもちろん大切ですが、枠組み自体を疑い、新しい枠組みを作ろうとする姿勢は、仕事へのコミットメントを強め、仕事を面白くすることにもつながります。




3. 手が届きそうな目標に基準を落とす

DSC_0138_6

 最後は皆さんご存知、元プロ陸上選手の為末大さん。多くの人にとって「ハードル選手」のイメージが強い為末さんですが、実は高校3年生の8月までは生粋の短距離選手でした。しかも圧倒的な成績を出すスプリンターだったそうです。

 その後、幾度の敗北経験を経て、短距離走では世界一になれないと「あきらめた」為末さんは、ハードルへの転向を決断します。

 つまずいたときには自分が本当は何に向いているのか、自分にとって譲れないものは何なのか、自分自身を正しく知るためにも、一度ひいて考えるタイミングを持つことが重要ではないでしょうか。自分の仕事や立ち位置が変われば、「勝ち」の基準も変わります。やめる潔さが、結局勝ちにつながることもあるのです。

 一度登ると決めた山を変えると、周囲からは「逃げた」と思われるかもしれません。しかし、そうした他人の目を気にして「勝てる見込みない山」で戦い続けるよりも、自分が勝てると判断できる山に乗り換える決断も重要であることを教えてくれます。

 目標の基準を落とすのは勇気がいることでもあります。しかし、現実と向き合うことを恐れず、手を伸ばせばようやく届きそうなところに目標を設定すると、ワクワクしてモチベーションが高まり、今やるべきことも具体的に見えてくるんですね。

 「目標はとにかく高く設定しろ!」という教えもありますが、現実を見つめず無思考に高い目標を設定して、達成の見込みがないのにこだわり続けていると、最終的にその山を登ることが苦痛になってしまいます。

 目標を下方修正する勇気を持つことが、前へ進むモチベーションになることもあるのです。

 為末さんほどの天才的な陸上選手でさえこうした悩みを持ち、目標のハードルを下げることで新しい道を見つけたという体験談は、私たちが目標を見つめ直すときにも勇気を与えてくれるはずです。

まとめ

DSC_0279_3

 本書では、起業家、フリーランス、会社員と、様々な立場で働くビジネスパーソン8名の仕事の流儀が語られています。

 今の自分の境遇に重なる執筆者や、今後目指したい執筆者の言葉ほど、より具体的な指針となるはずです。ぜひ、他の執筆者の言葉にも目を通してみて下さい。

今回利用したお店

DSC_0548_3

店名  :TOWER RECORDS CAFE
住所  :〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14 タワーレコード2F
TEL    :03-3496-3672
営業時間:10:00 – 23:30
定休日 :無

モデルプロフィール

DSC_0286_3

・名前     :えみこ
・生年月日   :1989.1.7
・出身     :新潟県
・職業     :会社員
・将来の夢   :まだ決まってません!

えみこちゃんの出演記事はこちら!
Webメディアのマネタイズに必須となる3つの基本アイデア!

本日のおまけ

DSC_0438

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
広告掲載について

OTHER POSTS

POPULAR POSTS