働き女子が28歳までに身につけたい2つの考え方

働き女子が28歳までに身につけたい2つの考え方



 今回ご紹介するのは、中高一貫高である品川女子学院の6代目校長を務めておられる、漆 紫穂子(うるし しほこ)さんの『働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと』です。

 漆さんは同校で、28歳をゴールにして目標から逆算することで、生徒自らが自身のキャリアについて考える機会をつくり、豊かな思考や精神を育む「28プロジェクト」というライフデザインの教育を行っています。

 なぜ「28歳」なのかというと、出産年齢にタイムリミットがある女性にとって、28歳というのは、仕事では多くの経験を積み、プライベートでは結婚や出産という選択肢が生まれる、人生のターニングポイントだからです。また、人生を約3万日とすると、1万日目がちょうど28歳のときであり、それまで学んできた基礎を生かして、社会に還元するステージが28歳から始まるとも言えるからです。

 1925年に創業し、両親から受け継いだ同校は、一時、経営困難といわれたものの、漆さんの手腕によって見事に変革をもたらし、偏差値を20ポイント以上アップ、入学希望者を60倍にすることに成功しました。

 その活動は多くの注目を集め、人気TV番組「カンブリア宮殿」にも出演。さらに講演会では多くの働く女性や学生に勇気を与えています。

 今回は、働く女性がもっと輝くために、若いうちから身につけておきたい考え方を2つ紹介します。

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/14 06:05:16時点 Amazon調べ-詳細)



「幸せな人生」と「意味ある人生」は違う

 「幸せになりたい!」とは誰もが願うことですが…そもそもあなたにとっての幸せとは何ですか?

 スタンフォード大学の調査によると、「幸せな人生」と「意味ある人生」には劇的な違いがあるそうです。

 幸せな人生を「欲しいものを得ること」だとすると、意味ある人生は「自分を表現し、確認していくこと」だといいます。たとえば、欲望を満たすことは「幸せ」の源泉ではありますが、人生に「意味」があるかどうかには全く関係がありません。

 人生に「意味」を与えるのは、社会というより大きな文脈で、自身の価値と目的につながりをもたせることです。

 幸せな人生とは「現在」にかかわるもので、この瞬間が楽しいことが大きく作用します。一方、意味ある人生は現在以外にも、「過去」にしてきたことや「未来」のことにかかわるものです。そのため、必ずしも今の幸せを感じられず、苦しみも多くなります。

 「幸せではないが意味のある人生」では、困難な仕事でストレスにさらされ、不幸を感じる瞬間もあるものの、「目的と価値」という、より大きな感覚があるため、社会にプラスの貢献をすることができます。

 一方、「幸せだが意味を感じられない人生」は、相対的に浅く、時に利己的で、物事はうまく運び、欲望は容易に満足され、困難や面倒なことは避けられています。

 これは「幸せな人生には意味がない」という話ではありません。「幸せであることにこだわりすぎる必要はない」ということです。

 もちろん「幸せ」と「意味」、どちらも感じられる人生もあるでしょう。しかし若いうちから両方を高いレベルで満たせる人はそう多くありません。どちらか一つを選ぶとしたらどちらの人生を歩みたいか、一度真剣に考えてはいかがでしょうか。



手を挙げてチャレンジする人になる

 漆さんは「世の中には3種類の人がいる」といいます。

  • 1人目は、手を挙げてチャレンジする人。
  • 2人目は、とりあえず新しいことには反対しておく人。
  • 3人目は、黙って見ていて、うまくいったら賛同する人。

 あなたは何人目に当てはまるでしょうか? 1人目の手を挙げてチャレンジする人は全体の5パーセント程度で、大抵は孤独な立場になるといいます。

 「出る杭は打たれる」という言葉があるように、時にはせっかくの勇気がへし折られてしまうこともあるかもしれません。しかし漆さんは「そういうリスクを背負う人が社会を発展させていく」と語ります。

 このようなパイオニアはどんな時代にも新しい風を吹かせる重要な存在です。若いうちは「若気の至り」と大目に見てもらいやすいし、困った時に手を差し伸べてくれる人もいます。何より、やり直す時間に恵まれています。

 28歳までにたくさんの失敗をして、「このやり方では、うまくいかない」というノウハウを蓄積するためにも、考える前にまず行動することを心がけることが大切なのです。

最後に、女性に知っておいてほしいこと

 漆さんは次世代を担う女性たちに向けて、「知らなかったから選べなかった」という後悔だけはしてほしくないというメッセージを伝えています。

 女性の体に起こることや、どんな未来が待っているのかを知っておくことで、もっと計画的な人生設計ができるからです。

 これは仕事だけでなく、日常生活の過ごし方においても言えることです。特に「健康」に関しては日頃から意識することが重要だといいます。知識があれば備えられることもあるのに、20代では考えが及ばず、避けられる病気を患ってしまうことがあるからです。

 女性の活躍が「当たり前」になってきた時代。今まで、様々なことを犠牲に努力されてきた先輩女性たちの姿があってこそ、今があることを忘れずに謙虚な気持ちをもって毎日を過ごしたいですね!

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/14 06:05:16時点 Amazon調べ-詳細)



執筆者プロフィール

まゆ
経済学部の大学生です。自己成長のために読書を日課にしています!
まゆさんの記事一覧

書評を書いて文章力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント!! その本の書評原稿をGoogleドキュメントで提出いただき、個別添削しながらライティング指導を行うオンラインサロンです!! 本が好きで文章力を伸ばしたいメンバー募集中!!

関連記事