日本人の英語勉強法は間違ってる!世界の非ネイティブがやってる学習手順とは?

日本人の英語勉強法は間違ってる!世界の非ネイティブがやってる学習手順とは?

なぜ日本人の英語は上達しないのか?

 英語の勉強法について書かれた本は巷に溢れていて、どの勉強法が正しいのかまったくわからないと思うのはわたしだけだろうか。

 また学校で何年も英語を勉強しているのにまったく身につかないことに悩みを抱く日本人も少なくないように思う。

 かくいう私も英語の勉強を続けているが、なかなか上達しないと実感している。そんな折、美女読書サロンの書籍リストにあった『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』という本が目に留まり、何かよいヒントが得られそうな予感がしたので読んでみた。

日本の英語学習は世界の学習法とは逆

 著者によると、世界の標準的な語学教授法と日本の学校教育で教える勉強法とは、教え方がまったく逆なのだと言う。

 日本の学校英語では、まず文法から入り、「文法の理解→単語の理解→文の理解→状況の想像」となるが、世界の標準的な語学教授法では、状況から入り、「特定の状況→文のインプット→単語と文法の理解」となる。

 この説明だけだと理解しづらいかもしれないが、要するに、まず状況を把握した上で、それに応じた英文から単語や文法を理解するという手順が、世界の標準的な語学教授法なのだ。

 これは動画を見る場面を考えてみるともっと分かり易い。動画を見る場合、視覚情報によってすぐに状況を理解することができる。その状況に応じて発せられた英文について、単語の意味と文法を調べるようにするということだ。この方が理解しやすく、記憶の残ることは想像に難くないだろう。

 注意点としては、「日本語の字幕」を使わないようにすることだ。動画を使った学習の際には、とにかく「映像が伝える状況」と「英語の音声(+字幕)」をダイレクトにインプットすることにこだわる必要があると言う。




動画を活用した英語学習が効果的な理由

 著者が強調するのは、動画を使って「状況」から得た知識は、理解度においても定着度においても、学校教育のような「お勉強」を圧倒的に上回るということである。

 英語初心者の場合は特に、動画を徹底的に活用した方が効果的だ。なぜなら、単語帳や読解問題の「文字」だけを眺めて、「見たこともない情景」を想像するよりも、映像のなかの状況を頼りに、単語や文法の知識を膨らませていった方が、理解が早いし忘れにくいからだ。

 英語学習において帰国子女が圧倒的に有利なのは、外国生活のなかで得た「基礎的なイメージ」を蓄積できているからだと言う。その意味で、英語環境に触れられるような動画を教材として活用し、単語に付随する「イメージ」をどんどん蓄積していくことは、英語学習において非常に有効な手法なのである。

 このように著者は、動画で勉強することの重要性を読者にわかりやすく解説してくれる。動画教材は、今やNetflixhuluAmazonプライムビデオなどを使えば、自分の興味が持てるドラマや映画をいくらでも見つけることができる。また英語ニュース(スクリプトのあるもの)を選ぶのもよいだろう。

 とにかくわかるまで何回でも繰り返して見るようにすることが大切である。

英語を「勉強」として捉えるな

 著者がもう一つ指摘している重要なことは、英語を「勉強」として捉えてはいけないということだ。

 英語学習の本来の目的は、英語を使ってコミュニケーションをとったり、何かを学んだりすることなのに、多くの人は英語が完璧に使えるようになってから本来の目的を達成しようとする。

 そうではなく、たとえ未熟な英語力であっても積極的に英語でコミュニケーションをとっていったり、英語で何かを学んでみようと試みたりすることが大切なのだ。

 英語はあくまでひとつの道具に過ぎないのだから、英語を習得することが目的になってはならない。

 本書には、他にも英語の勉強法について多くのヒントが書かれている。どれも見逃すことができない重要なものばかりである。これから英語の勉強をはじめようと思っている人や、再度英語を勉強してみようと思っている人にとって、必須の書と言っても過言ではない。

執筆者プロフィール

1/f ゆらぎ
「美女読書 編集室」第1期メンバー
生きていく上で読書はとても大切なツールだと強く感じています。将来は自分でも本を書いてみたいと思っています。

とりあえずはライティング力を磨きたいと思いメンバーになりました。今後ともよろしくお願いします。

英語関連記事

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。メンバー募集中!

書籍リストをもっと見る

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

関連記事

週間ランキング

殿堂入り記事