人工知能時代、人間の仕事はどう変わる?4つの職種別に進化の方向性を解説!

人工知能時代、人間の仕事はどう変わる?4つの職種別に進化の方向性を解説!

人工知能で私たちの仕事はどう変わる?

 こんにちは、戸森理加です。京都府在住の会社員で、趣味は女性アイドルのコンサートに行くことです。

 今回は「人工知能」により可能になる働き方について書かれた、『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』を紹介します。

 皆さんは「人工知能」と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。「人々の生活が便利になる」とプラスのイメージを持つ方もいれば、「人間の仕事が奪われる」とマイナスのイメージを持つ方もいると思います。私自身も事務職の仕事をする中で、「人工知能により代替されるんだろうな…」と感じる仕事が多々あります。

 たとえば、商品(雑貨類)を入荷した際、「どの商品を」「何個」入荷したかという情報を画面に入力する仕事があります。いまはヒトがやっていますが、AIなら、商品を画像認識して、商品の「種類」「個数」を瞬時にデータ上に反映することができるはずです。

 こうして見ると「AIに仕事が奪われる」とネガティブに捉えてしまいそうですが、この本では「人工知能が今ある仕事を代替すること=”良いこと”」だと結論付けています。

 では、今の仕事を「価値ある仕事」に変えるためには、どのような行動を起こしたら良いのでしょうか。本書にはその方向性が示されています。きっと読んだ方は、「今のどう仕事を変えていこう?」と考えるのが楽しみになると思います。

人工知能の現状を知ろう

 まず、人工知能・AIがどこまで進化しているのかを見ていきましょう。以下はすでに開発が進んでいる事例です。

  • AIの入った冷蔵庫が発売される。中に入っている食品を画像認識しレシピの提案をしてくれたり、無くなったものをネットで注文してくれたりする。(早ければ2017年中に発売)
  • 会議中の音声を認識し、議事録を自動で作成してくれる。「この件は結論が出ていないのでもう少し話した方が良い」と提案してくれる。(試験運用中)

 余談ですが、この前新聞を読んでいたところ、次のような見出しが目に入りました。「AI活用で観客の表情から感情を分析、ライブの”盛り上がり”を定量化する新技術、実証開始」ーー近い将来、自分が足を運んだコンサート会場で、感情が分析され、それがコンサートのセットリストやパフォーマンスに反映されるのかもしれません。そんな未来を想像すると、AIがぐっと身近に感じられるようになりました。(私は真顔でステージを見つめつつ、内心は盛り上がっているタイプなので、AIに「楽しんでいない」と判別されてしまうかもしれませんが…)

 このように、AIはすでに身近な存在になってきており、今後、人間が行っていた仕事を少しずつ置き換えていくことになるでしょう。



AIの苦手分野で、人間の仕事を進化させる

 AIは驚くべきスピードでできることを増やしていますが、当然、得意分野だけでなく苦手分野もあります。そしてAIの苦手分野こそ、人間の仕事を進化させる余地があると言えます。

 具体的にAIの得意分野・苦手分野について見ていきましょう。

 AIの得意分野を表すキーワードは二種類あります。一つ目は「論理的、分析的、統計的」です。大量の情報を高速で、「エクセル的に」処理していくことにAIは長けています。二つ目は「構造的」です。AIは「すでに仕組みが作られている中で」効率的に処理を行うことを得意としています。

 一方、AIの苦手分野は「感性的・身体的・直感的」というキーワードで表すことができます。人の感情を察して相手に働きかけること、既成概念にとらわれずにアイディアをひらめくことに関しては、人間の方が優位です。また「非構造的」、つまりまだ仕組みが無い物事に問いや仮説を立てて思考することも、AIによって簡単には代替されない人間ならではの能力です。

 このように考えると、人間は今の仕事をAIの苦手な「感性的・身体的・直感的」で「非構造的」な領域へとシフトさせていけば、AIに代替されることのない「価値のある仕事」ができるようになります。

職種別、今の仕事をどう変化させる?

 では最後に、具体的な職種ごとに、どのように仕事に変化させていけばよいのか見ていきましょう。

 本書では、①営業・接客系 ②製造系 ③技術系 ④事務・管理系 という四つの職種に分け、それぞれの仕事をどう変化させることで「価値ある」仕事にできるのかについて説明しています。

①営業・接客系

 営業・接客系の仕事は、AIに機械的な顧客対応を任せることができるようになります。また大量の顧客情報を分析するためのスピードも圧倒的に速くなります。そこで働く人に求められる仕事は次のようなものです。

  • お客様がどんな感情を持っているのか考え、よりヒューマンタッチな(人間の心を使った)対応をすることで、顧客の喜びを生む。
  • 顧客データを見て、「そこから何を分析すべきか」という問いを立て、分析結果を行動に移す。(例えば「どういう顧客が解約する可能性が高いのか」という問いを立てて、分析し、取るべき行動を導き出した上で実践する等)

②製造系

 製造現場では、AIやロボットが導入によって、より低コストで現在の仕事が任されるようになります。一見「仕事が奪われる」と悲観的に考えてしまいそうですが、次のように働き方を変えることで、人にしかできない仕事を増やしていくことができます。

  • 会話の少なかった現場で社員同士の感情コミュニケーションを増やし、チームワークを高め、全体の仕事レベルを上げる。
  • AIやロボットに仕事を教えることが必要となるため、「どんな作業をどう教えるか」「今の仕事のやり方をどう変えていくか」について今まで以上に時間をかけて考える。

③技術系

 ここで言う「技術系」の仕事の中には、研究開発ならびに、機械・電気・ITなどエンジニア全般が含まれます。AIの発達に伴い、就業者の増加が見込まれている分野です。これらの職種の人は、以下のように仕事を広げていくことができます。

  • 「クリエイティブシンキング」(発想をジャンプさせて広げていく)を取り入れる。
  • 「デザイン思考」、(現場でトライアンドエラーを繰り返しながらイノベーションを生む)を取り入れる。
  • タイトな納期で高度な開発に取り組む人が、「瞑想」により心を整えることで、持続的に高いパフォーマンスが発揮できるようにする。

④事務・管理系

 事務・管理系の仕事の中では、いわゆる「エクセル的な」仕事をAIに任せることができるようになります。その分、以下のような新しい視点から、仕事を生み出していくことが可能です。

  • 「組織の仕組みやルールを扱う」部門として、世の中の変化を捉えて仕事を変化させていく。(テクノロジーの進化を知り、全社に新たなシステムの導入を決める等)
  • 複数の部署の社員を巻き込み、会社全体の課題についての対話を主導する。
  • 仕事の本来の目的を掘り下げ、仕事の質を高める。(人事労務の仕事であれば「退職者のデータ管理」を行うのみでなく、「退職者を出す前にフォローし、退職率を下げる」と目的を掘り下げる)

 さらに「社内データから導き出した予測モデル」(ここでは退職者の予測モデル)を社外に発信することで、利益を生むことも可能です。

 事務の仕事をしている身として、こうした具体例を見て、「自分の仕事には進化の余地があるんだ」と感じました。「世の中の動向を敏感に捉える」「会社全体に目を向け、課題を認識する」「取り組む仕事の目的を深堀りする」という点を意識することで、仕事の枠を広げていくことへの意欲が湧いてきました。

AIと仲良く働ける未来に向けて

 ここまで人工知能時代に向けて、働き方をどのように変えていくべきかについて紹介しました。

 AIが導入されている、もしくはこれから導入される会社で働いている方もいれば、「まだまだうちの会社では取り入れられる気配がない」という方もいると思います。ちなみに私の会社では、AI導入にはまだまだ時間がかかりそうです。

 いずれにしても、「今、目の前の仕事をどう変えることができるか」を考えることで、いずれAIが普及した際に「協働」できる自分になっているはず。

 今の仕事を「楽に」、そして新たな仕事を「楽しく」してくれるAIと仲良くなれる未来は、すぐそこまで来ているのかもしれません。

執筆者プロフィール

戸森理加
「美女読書 編集室」第1期メンバー
1989年1月22日生まれ、水瓶座のAB型。
京都府在住の元青森県民です。
関西弁、標準語、地元の方言(津軽弁)のトリリンガル。外国語は全く喋れません。
一人カラオケが趣味。

他のライターのレビュー記事

書評を書いてライティング力を磨こう!

 無料で月2〜3冊のビジネス書をプレゼント。その本の書評を書きながら、マンツーマンでライティング指導します。


書籍リストをチェックする

関連記事

えっ!自分の"強み"を無料診断できるの?

 ビジネスで成功するためには、自分が生まれ持った才能を活かせる分野で努力するべきです。

 しかしほとんどの人は、強みを伸ばすことよりも、苦手を克服するために膨大な時間を費やし、自ら成功しづらい、最も大変な「いばらの道」を選んでしまいます。

 自分の「強み」となる才能が何なのかわからない人は、「リクナビNEXT」「グッドポイント診断」を受けてみてください。無料の会員登録をするだけで、本格的な診断サービスを受けることができます。

無料登録する!


 診断をスタートすると、AとBの2つの選択肢が次々と出てくるので、どちらに近いかを答えていきます。

 質問は第1部〜第3部まであり、合計293問の大ボリューム。時間もそれなりにかかる本格診断だけに、その結果はかなり的確で信憑性があります。

 私も受けてみましたが、自分の性格や行動の特徴を見事に言い当てられていました。

 転職を考えていない人でも無料で受けられるので、興味がある方はぜひ登録してみてください。(メールアドレスだけ登録すれば、細かいプロフィールを入力しなくても診断を受けることが可能です)

無料登録する!

WEEKLY RANKING

POPULAR POSTS