飯田泰之、岩瀬大輔、加藤嘉一らが考える「5年後に生き残る人材」とは?

飯田泰之、岩瀬大輔、加藤嘉一らが考える「5年後に生き残る人材」とは?

美女読書をフォローする 

先の見えない世の中でいま何をすべきか?

DSC_0809_4
 先行きが不透明な今の世の中、これからの働き方を不安に思う若者は多いです。

 大企業に入れば安心という神話はとっくに崩れ、世界規模での競争が激化して行くこれからの世の中。本当の安心・安定を得るためには、今なにをすべきなのでしょうか。

 そんな悩める若者へ、5年後に向けた行動指針を示してくれるのが本書です。

 執筆陣は、岩瀬大輔、飯田泰之、古市憲寿、駒崎弘樹、経沢香保子、為末大、田端信太郎、加藤嘉一(敬称略)ら7名。メディアでよく目にする、各界で活躍されるトップランナー達です。

 今回は、本書から特に押さえておきたい働き方の心構えについて紹介します!

DSC_0910_3

今回のポイント!

  1. “日本人”を主語にせず自分自身と向き合う!
  2. 会社の看板に頼らず「個」の力で勝負する!
  3. “余人をもって代え難い”価値を身につける!

“日本人”を主語にせず自分自身と向き合う

 本書で最も多く語られているのが、こちらの点。

 いまの時代に多くの人が抱く漠然とした不安に対して、ただ漠然と「どうしたらいいか?」と問うことを、僕は無意味だと思います。(中略)「日本人は」というようなざっくりとした主語設定は、何の解決策も導き出せません。(岩瀬大輔)

 万人に共通する普遍的な答えなどない以上、「日本企業はどうすべきか?」「日本人はどうすべきか?」と考えてみても、個人にとって意味のある答えは出てこないということです。

 「とりあえずみんなが選んでる道を選ぼう」という発想を捨てて、自分自身と真剣に向き合い、各人が「自分にとっての答え」を見出していく必要があります。

 その答えの選択肢を広めるために重要なのが、「個」の力を磨くことです。

DSC_0795_4

会社の看板に頼らず「個」の力で勝負する

 企業の平均寿命が縮まる一方、定年が延びて行くこれからの日本では、1つの会社でずっと働き続けることはほぼありえません。サラリーマンの誰もが「転職」を前提とする働き方になっていきます。

 1つの会社に依存した働き方をしていては、本当の意味での安定を得ることはできません。重要なのは会社の看板を背負うことではなく、「個」の力を磨くことです。

 労働市場で価値がある人材、いつでも他社からスカウトされるような人材に成長することです。(中略)どこに行っても通用する人材であることは、どんな時にもあなたの最強の武器であり、自信と心の安定をもたらしてくれるはずです(岩瀬大輔)

 その会社でしか価値を生まないような処世術を磨くよりも、どんな環境でも価値を生める(つまり労働市場で価値のある)人材になることを目指しましょう。

 今の時代に大事なのは、どんな会社に雇ってもらうかではなく、自分が「個」としてどういう市場価値を持てるかだ。自分には何ができて、何ができないのか。(中略)個人としての力量を市場価値で判断し、それに応じて働き方や居場所を求めていく。ーそういう意識が大切だろう。 (加藤嘉一)

 では、会社の看板に頼らない「個」を磨くためにはどうすればよいのでしょうか。




DSC_0805_3

“余人をもって代え難い”価値を身につける

 グローバル資本主義経済において、「誰でもできる仕事」は最低価格まで買い叩かれる運命にあります。

 「個人の市場価値を高める」というのは、つまり「他には出来ない仕事」=「余人をもって代え難い価値」を身につけるということです。

 自分の価値を「余人をもって代え難い」ものとアピールできれば、労働力として高く売る交渉ができるでしょう。(飯田泰之)

 飯田さんの言葉を借りれば、「余人をもって代え難い価値」とは、資格試験のように「マニュアル的な要素が強い」いわゆる「お勉強で身に付く」ものではなく、「経験によって身に付く」ものです。

 変化に対応できて、しかもコモディティ化しない、ジェネラルな技能とは、結局のところ経験によって身に付いている技能だと思います。(中略)外に目を向ける前に、まず足下を固める。今いる会社でないと身に付かないこと、あるいは、今その業務をやっているから身につくタイプの能力を高めてください。その中で、「コレだけは他の人には真似できない」「誰よりも得意だ」というものを持つことです。

 この点は、岩瀬さんも同様のことを述べています。

 どこに行っても通用する人材になるためには、逆説的ではありますが目の前の与えられた仕事をがむしゃらにこなし、一日も早く社内で信頼される人材になることです。

 「余人を持って変えがたい価値」とは、何か突飛な技能を身につけるということではなく、まずは目の前の仕事に全力で取り組んで周囲からの信頼を得ること。

 そうして様々な仕事を任されて、他の人が経験しないような実績を積んでいくことで磨かれていくということです。

DSC_0849_4

まとめ

 こうして見ると、「何を今さら」と感じる方も多いかもしれません。「そんなの分かってるよ。で、結局今の仕事を頑張れってことなの? それって解決策になってるの?」のように。

 重要なのは、5年後の日本経済がどうなろうとも、自分が市場価値のある人材であれば何の問題もないということと、それこそが不安を取り除く最も本質的な解決策であることに気づくことです。

 「このままでいいのかな…」と漠然とした不安を感じながら仕事に取り組むのではなく、会社の看板に頼らない「個」になるという心構えをもって、日々の仕事に取り組みましょう。

 そうすることが「どこに行っても通用する人材」になるための近道です。

ご協力いただいたお店

DSC_0929_3

店名  :RESPEKT(リスペクト)
住所  :東京都渋谷区渋谷1-11-1-2F
TEL   :03-6418-8144
営業時間:11:00-24:00
定休日 :無

※現在はリニューアルして「MOJA in the HOUSE」というお店に変わってます!

モデルプロフィール

DSC_0718

・名前     :安藤麻貴
・生年月日   :1989.3.20
・出身     :青森
・職業     :モデル
・将来の夢   :可愛いおばあちゃん
・Twitter    :@hello_makitty_3
・ブログ    :「*安藤麻貴のエンジェルまきにゃん*」

本日のおまけ

DSC_0874_3

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
推薦記事募集中 広告掲載について

OTHER POSTS

POPULAR POSTS